変形性膝関節症の傷みを解消しよう|ゴクッと手軽にサプリを飲もう

高齢者の膝の痛みが辛い

案内する婦人

高齢者に膝を痛い理由

整骨院や整形外科には、朝から多くの高齢者の方が並んでいるのをよく目にします。女性で少し小太りの方が多いです。よく耳にするのは、腰と膝の痛みを訴えられる方が多いです。高齢者で小太りの女性は、変形性膝関節症になりやすい為、結果的に膝の痛みが出現します。この病気は、膝関節が正常の構造を維持できず、長い年月をかけて、膝の軟骨、半月板などの膝関節内の関節内構造物が徐々に破壊され、結果的にO脚やX脚などの変形を来し、膝に痛みが出る病気です。女性は、男性と比較すると、筋力も弱く、膝関節にかかる負担が男性よりも多い為に、変形性膝関節症になる方が多いのです。この病気に対しては、予防治療と手術治療、リハビリが有効な治療方法です。特に予防治療については、40歳代以降から筋力が衰えていく為、早めからの対応が重要です。

膝の痛みを予防する

変形性膝関節症にならないようにし、膝の痛みを予防する為には、筋力を維持する事が重要であり、また、日常生活でも注意点がいくつかあります。特に筋力は、太ももの大腿四頭筋の筋力を維持する事が痛みの軽減と予防に繋がります。大腿四頭筋は、膝関節を伸ばす筋肉です。簡単な運動では、スクワットがあります。立ったまま膝を曲げて、つま先より膝のお皿が前に出ないように注意して行う事で、効果的に大腿四頭筋を鍛える事が可能です。日常生活では、崩れた姿勢のまま、立っていたり、歩く事で、膝関節に余計なストレスがかかってしまい、変形性膝関節症を助長してしまう可能性があります。特に、太りすぎやハイヒールを履きすぎると、リスクが高くなります。