変形性膝関節症の傷みを解消しよう|ゴクッと手軽にサプリを飲もう

増加傾向にある膝の疾患

手を組む男性

特徴と予防法

年齢を重ねると関節に痛みが生じてくる事が多くあります。最近では、膝関節の痛みについて悩んでいる人が増えています。そのようなひとは、変形性膝関節症を発症している可能性が高いです。変形性膝関節症は、膝関節の機能低下が起こり、関節軟骨や半月板の変性や断裂が生じるものです。長期間に渡り徐々に症状が現れてくる場合を一次性、関節リウマチや膝の怪我などによって引き起こされる場合を二次性と言いますが、変形性膝関節症の多くは一次性だとされています。関節軟骨や半月版などに異常が見られる疾患なので、これらを正常に保つための栄養素の摂取が予防に効果的だと言われています。食事でも摂取はできますが、より効率よく補給するためにはサプリメントの使用がおすすめです。サプリメントで最も人気が高いのが、グルコサミンです。軟骨、半月版、関節液に含まれている成分になります。また、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸なども同じです。これらの成分が配合されているサプリメントは変形性膝関節症にとって非常に有効だと考えられています。

増加傾向にある理由

変形性膝関節症は女性に多く見られます。50歳以降に発症しやすくなり、65歳を過ぎると患者数が急増します。年齢が上がるほど発症しやすいため、高齢者の多くに見られる疾患になります。一度変形した膝は元には戻らないので、変形性膝関節症を起こさないことが最も大切となります。そのためには、変形性膝関節症を発症するリスクが高まる年齢に差し掛かる前に、何かしらの対策をとっておかなければなりません。また、少子高齢化に伴い、高齢者の数が年々増加傾向にあります。高齢者の絶対数が増加するということは、変形性膝関節症の患者が増加することにも繋がります。それに加え、近年若者や子供の筋力低下や骨の脆弱化が非常に深刻な問題となっています。変形性膝関節症の低年齢化も起きはじめているとも言われています。これからますます患者数が増加していくと見られているので、注意しなければなりません。

増加する膝の疾患

サプリメント

高齢者が増えていることや、若者の身体機能の低下などによって、変形性膝関節症の患者数が増加傾向にあります。そのため、発症する前に予防しておくことがとても大切になります。バランスの良い食事と、膝に負担をかけない適度な運動が効果的です。

More Detail

高齢者の膝の痛みが辛い

案内する婦人

女性の高齢者で膝が痛いという方は、変形性膝関節症の可能性があります。変形性膝関節症では、予防が重要であり、特に大腿四頭筋の筋力を維持する事と、日常生活でも体重管理は重要です。痛みが強いと手術の適応になる可能性もありますので、若い時から予防が重要です。

More Detail